本文へジャンプNational Institution for Academic Degrees and University Evaluation NIAD-UE
HOMESITE MAPEnglish Page 大学評価・学位授与機構 WEB SITE
CONTENTS
更新履歴
機構について
評価事業
訪問説明のご案内
学位授与事業
国際連携
調査研究
出版物等
情報公開
職員採用
アクセスマップ
シンポジウム・セミナー
情報セキュリティポリシー
お問い合せ先一覧
リンク

ご意見・ご要望はこちらへ
〒 187-8587
東京都小平市学園西町1-29-1

  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー
ここから本文です
シンポジウム・セミナー
大学評価・学位授与機構主催
大学評価フォーラム「大学評価の戦略的活用と方法」 

 

 
  日 時/平成20年7月7日(月) 13:00-17:00
  
  場 所/
一橋記念講堂(学術総合センター2階) 
 



 


平成20年7月7日(月)に一橋記念講堂において開催された大学評価フォーラム「大学評価の戦略的活用と方法」は、多数の御参加を得て、盛会のうちに終了いたしました。
御参加、御協力いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。


報告書

大学評価フォーラム「大学評価の戦略的活用と方法」報告書(3.12MB)

※ 各講演者の配付資料は下記プログラムからご覧下さい。

フォーラム概要


本フォーラムは、大学等の高等教育機関が自己点検・自己評価や認証評価などの外部評価を手段としてとらえ、評価によって教育研究の質の改善・向上を図り、社会的責任を果たすために今後どのように評価を生かしていくのかという観点から、「大学が自らの目的を達成するために、いかに認証評価を戦略的に活用していくか」というテーマで、国内外の高等教育関係者を講演者及びパネリストとして招き、今回開催することとしたものです。
当日は300名を越える参加者があり、当機構川口理事及び英国QAAキャンベル国際課長からの各講演に熱心に聞き入ると共に、パネルディスカッションでは、各登壇者及び参加者からの熱心な議論が行われました。
本フォーラムの参加者からのアンケートでは、「企業関係者等、様々な立場からの意見が聞けて良かった。」 「大学の具体的な目標・計画を考えるうえで参考になった。」等の声が寄せられ、本フォーラムが参加者にとって今後の大学運営を考えるうえでの刺激となったことが伺えました。

なお、当日のプログラムは以下のとおりです。



プログラム ※会場配布資料(PDF版)はページの一番下にあります    

開会挨拶
   
木村  孟 (大学評価・学位授与機構長)
講  演1 「大学改革の手段としての評価結果の戦略的活用」
   
川口  昭彦 (大学評価・学位授与機構理事)
講  演2 「英国高等教育における質保証及び質の向上」 
   
キャロライン・キャンベル (英国高等教育質保証機構 (QAA)国際課長)
パネルディスカッション 「各大学における評価結果等の戦略的活用と方法について」       
モデレーター:
   川口  昭彦 (大学評価・学位授与機構理事)
パネリスト:
   山野井昭雄 (味の素株式会社顧問)
   
生和  秀敏 (大学基準協会特任研究員、国立大学協会調査研究部前プロジェクトリーダー) 
   渡辺  浩志 (九州大学理事)
   田中  弥生 (大学評価・学位授与機構准教授)

総括・閉会挨拶
  川口 昭彦 (大学評価・学位授与機構理事)



 

PDF-file PDFファイルです。WEB上で見ることもできますが、表示に時間がかかることもあります。
ダウンロード(ファイルに保存)して参照することをおすすめします。
  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー