大学評価・学位授与機構 | シンポジウム・セミナー
本文へジャンプNational Institution for Academic Degrees and University Evaluation NIAD-UE
HOMESITE MAPEnglish Page 大学評価・学位授与機構 WEB SITE
CONTENTS
更新履歴
機構について
評価事業
学位授与事業
国際連携
調査研究
出版物等
情報公開
職員採用
アクセスマップ
シンポジウム・セミナー
情報セキュリティポリシー
お問い合せ先一覧
リンク
ご意見・ご要望はこちらへ
〒 187-8587
東京都小平市学園西町1-29-1

  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー
ここから本文です
シンポジウム・セミナー

豪州高等教育質・基準機構(TEQSA)による講演会


日        時: 平成2823日(15:00-17:00
場        所: 大学評価・学位授与機構 竹橋オフィス1112会議室 (千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター11階)
講 演 者: Mr. Julian Davis (Senior Case Manager, Provider Assessment and Engagement Team, TEQSA)
言    語: 英語(日本語の逐次通訳付)


プログラム(予定)

15:00
15:05-16:25
16:30-17:00
17:00

開会
Julian Davis氏による講演

質疑応答
閉会


TEQSAと今回の講演内容について
TEQSAは、2011年にTEQSA法のもと、豪州の高等教育機関を統一的に規制・監督する機関として設立されました。豪州の全ての高等教育機関は、定期的にTEQSAによる規制・監督を受けることとなっています。TEQSAは、より効率的に豪州の高等教育セクターの質を維持・向上を目的として、豪州の『高等基準枠組』に基づき規制・監督活動を行っています。
なお、Davis氏は、当機構とTEQSA間で今年度開始したスタッフ交流事業により来日しています。

※:豪州の高等教育質保証制度について、詳細は「諸外国の高等教育分野における質保証システムの概要 オーストラリア第2版」をご覧ください。


講演会では、Davis氏より、TEQSAの概要やTEQSAが行う規制・監督活動について、オーストラリアの高等教育の状況を交えた説明がありました。
参加者との活発な質疑応答もあり、盛況のうちに終えることができました。
御参加ならびに御協力いただきました皆様に、厚く御礼申し上げます。

当日資料を公開いたしましたので、ダウンロードしてご活用ください。
当日資料PDF


【本件担当】
(独)大学評価・学位授与機構 評価事業部国際課国際第2係(担当:山崎、井福)
E-mail: kokusai@niad.ac.jp TEL: 042-307-1626、1616



PDF-file PDFファイルです。WEB上で見ることもできますが、表示に時間がかかることもあります。
ダウンロード(ファイルに保存)して参照することをおすすめします。
  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー