本文へジャンプNational Institution for Academic Degrees and University Evaluation NIAD-UE
HOMESITE MAPEnglish Page 大学評価・学位授与機構 WEB SITE
CONTENTS
更新履歴
機構について
評価事業
訪問説明のご案内
学位授与事業
国際連携
調査研究
出版物等
情報公開
職員採用
アクセスマップ
シンポジウム・セミナー
情報セキュリティポリシー
お問い合せ先一覧
リンク

ご意見・ご要望はこちらへ
〒 187-8587
東京都小平市学園西町1-29-1

  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー
ここから本文です
シンポジウム・セミナー

大学評価・学位授与機構主催
大学基準協会、日本高等教育評価機構、短期大学基準協会後援


平成21年度大学評価フォーラム

「内部質保証システムの充実をめざしたアカデミック・リソースの活用」

-個性ある大学づくりのために-


 

  日 時/平成21年8月3日(月) 13:00-17:40
  
  場 所/
一橋記念講堂(学術総合センター2階) 
             東京都千代田区一ツ橋2-1-2


* 8月4日(火)のワークショップについてはこちら
 

    
パネルディスカッション


平成21年8月3日(月)に一橋記念講堂において開催された大学評価フォーラム「内部質保証システムの充実をめざしたアカデミック・リソースの活用-個性ある大学づくりのために-」は、多数の御参加を得て、盛会のうちに終了いたしました。 御参加、御協力いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。



フォーラム概要

 当機構では、8月3日(月)に一橋記念講堂にて大学評価フォーラム「内部質保証システムの充実をめざしたアカデミック・リソースの活用-個性ある大学づくりのために-」を財団法人 大学基準協会、財団法人 日本高等教育評価機構、財団法人 短期大学基準協会の後援のもとに開催しました。
 大学評価は、今や自らの質保証をするための重要なツールとして位置付けられている中で、評価を大学の内部質保証システムの充実に効果的に活用し、それぞれの個性ある大学づくりにつなげていくために自らの資源(アカデミック・リソース)をいかに把握するかが鍵となっています。本フォーラムでは、教員の活動の提示・把握ツールの一つであるアカデミック・ポートフォリオを、米国から講演者を招いて取組事例を紹介するとともに、高等教育関係者によるパネルディスカッションを行いました。
 当日は、大学等の教職員及び高等教育関係者から336名が参加し、アカデミック・ポートフォリオの目的やその構成、導入事例について聞き入るとともに、パネルディスカッションでは、各登壇者及び参加者の議論が熱心に交わされました。

 なお、当日のプログラムは以下のとおりです。



プログラム     

開会挨拶
   
平野 眞一 (大学評価・学位授与機構長)
講  演1 「個性ある大学づくりと評価文化の定着」
   
川口 昭彦 (大学評価・学位授与機構理事)
講  演2 「アカデミック・ポートフォリオとは 
      ~教員の諸活動を効果的に文書化するための新たな手法~」 
   
Peter Seldin (ペース大学名誉教授)
講  演3 「大学におけるアカデミック・ポートフォリオ導入事例」 
   
Jeff King (テキサス・クリスチャン大学ケラーセンター所長、教授)
パネルディスカッション 「アカデミック・リソースの把握・分析と内部質保証システムの充実」       
モデレーター:
   川口 昭彦 (大学評価・学位授与機構理事)
パネリスト:
   柳澤 康信 (愛媛大学長)
   
日比谷 潤子 (国際基督教大学学務副学長) 
   生和 秀敏 (大学基準協会特任研究員)
   大塚 雄作 (京都大学高等教育研究開発推進センター教授)
総括・閉会挨拶
   
川口 昭彦 (大学評価・学位授与機構理事)


報告書

PDF-file PDFファイルです。WEB上で見ることもできますが、表示に時間がかかることもあります。
ダウンロード(ファイルに保存)して参照することをおすすめします。
  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー