本文へジャンプNational Institution for Academic Degrees and University Evaluation NIAD-UE
HOMESITE MAPEnglish Page 大学評価・学位授与機構 WEB SITE
CONTENTS
更新履歴
機構について
評価事業
学位授与事業
国際連携
調査研究
出版物等
情報公開
職員採用
アクセスマップ
シンポジウム・セミナー
情報セキュリティポリシー
お問い合せ先一覧
リンク

ご意見・ご要望はこちらへ
〒 187-8587
東京都小平市学園西町1-29-1

  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー
ここから本文です
シンポジウム・セミナー

大学評価・学位授与機構主催


ポスター

日本・オーストラリア高等教育質保証セミナ
  
「高等教育の国際化・学習成果の向上にむけたイニシアティブ」

日時/ 平成22年12月8日(水)12:30-15:10

場所/ 如水会館

主催/ 大学評価・学位授与機構

後援/ 文部科学省、オーストラリア政府国際教育機構・オーストラリア大使館

 

 

 

開催趣旨


 今日のグローバリゼーション時代の中で、高等教育の質保証はいかにあるべきでしょうか。

 日本・オーストラリアにおいても、高等教育を通して社会にどのような人材を送り出していくかということは、重要な課題のひとつとなっています。

 今回のセミナーでは、オーストラリアの高等教育制度改革レビューの責任者である質保証の専門家、デニース・ブラッドリー先生をお迎えし、オーストラリアの高等教育質保証の動向ならびに国際連携を通じたグローバル人材の育成、政府・大学・質保証機関の役割や可能性について議論しました。

 

 当日のプログラムは以下のとおりです。

 当日発表資料は、このページの最下部に掲載しています。

 

 

プログラム


12:30

開会の辞
   平野 眞一 (大学評価・学位授与機構長)
会場風景 

12:35

挨拶
   Dr Brendon Hammer (駐日オーストラリア大使館首席公使)
会場風景 

12:40

文部科学省挨拶
   磯田 文雄 (文部科学省高等教育局長)
会場風景 

12:45

基調講演
   TEQSA設立に関するオーストラリアの展望
   Emeritus Professor Denise Bradley (Interim Chair, Tertiary Education Quality and Standards Agency: TEQSA)会場風景

13:25

講演
   学習・教育の卓越性の推進と向上にむけたオーストラリアの取組
   Dr Carol Nicoll (Chief Executive Officer, Australian Learning and Teaching Council: ALTC)会場風景

13:55

休憩

14:00

パネルディスカッション
  <コーディネーター>
   川口 昭彦(大学評価・学位授与機構特任教授)
   Emeritus Prof Denise Bradley
   Dr Carol Nicoll
   鈴木 典比古(国際基督教大学長)
   川嶋 太津夫(神戸大学大学教育推進機構・大学院国際協力研究科教授)

会場風景 

15:10

閉会の辞
   岡本 和夫(大学評価・学位授与機構理事)
 会場風景

 

 

参加対象者


  政府・質保証機関専門家、高等教育機関の管理職・評価・国際担当教職員 等

 

 

参加人数


  140名

  

 

本件連絡先


  独立行政法人大学評価・学位授与機構 評価事業部 評価企画・国際課

   Tlf: 042-307-1624  Fax: 042-307-1559   Email: kokusai@niad.ac.jp

 

 

 

 


PDF-file PDFファイルです。WEB上で見ることもできますが、表示に時間がかかることもあります。
ダウンロード(ファイルに保存)して参照することをおすすめします。
  >>HOME  >>シンポジウム・セミナー