本文へジャンプNational Institution for Academic Degrees and University Evaluation NIAD-UE
HOMESITE MAPEnglish Page 大学評価・学位授与機構 WEB SITE
CONTENTS
更新履歴
機構について
評価事業
学位授与事業
国際連携
調査研究
出版物等
情報公開
職員採用
アクセスマップ
シンポジウム・セミナー
情報セキュリティポリシー
お問い合せ先一覧
リンク
ご意見・ご要望はこちらへ
〒 187-8587
東京都小平市学園西町1-29-1

  >>HOME  >>国際連携・調査事業  >>国際的な共同教育プログラムの質保証
ここから本文です
国際連携・調査事業



大学評価・学位授与機構では、わが国の大学の国際化やダブル・ディグリー等の国際的な共同教育プログラムの質の保証に資する観点から、諸外国における質保証等のガイドラインや原則、具体的な共同評価の取組事例等に関する情報収集・調査を実施しています。その一環として、欧州地域における国際的な共同教育プログラムの質保証を支える制度的枠組みや、質保証機関、質保証機関ネットワーク、大学協会等による共同評価等の取組みを紹介します。

共同教育プログラムの質保証に係る欧州高等教育政策の枠組み

欧州では、単位の互換性や学生・教職員の流動性を高めることにより、国境を越えて共同体としての結びつきを強め、欧州高等教育圏を確立しようとしています。この一環で、教育に関する国際的な通用性に向けた様々な取組みが行われており、国際的な共同教育プログラムの展開やこれらの質保証における取組みについても、国を超えた枠組みや制度が協働で策定されています。

具体的には、欧州全体としての高等教育の質保証に関し、1999年にボローニャ宣言が採択されました。欧州高等教育圏の確立に向けたこれ以降の一連の流れのことをボローニャ・プロセスと呼んでいます。


ボローニャ・プロセスに関する主な合意文書・宣言

ボローニャ宣言(1999年)
プラハ・コミュニケ(2001年)
ベルリン・コミュニケ「欧州高等教育圏の実現を目指して」(2003年)
ベルゲン・コミュニケ「欧州高等教育圏構築の目標達成に向けて」(2005年)
ロンドン・コミュニケ「グローバル環境における欧州高等教育圏」(2007年)
ルーヴァン・コミュニケ「ボローニャ・プロセス2020年:欧州高等教育圏の新たな10年」(2009年) 
欧州高等教育圏に関するブダペスト・ウィーン宣言(2010年)
ブカレスト・コミュニケ「欧州の可能性への期待と欧州高等教育圏の強化にむけて」(2012年)


主な質保証、学生交流の仕組み

欧州単位互換制度  |  ディプロマ・サプリメント  |  欧州チューニング  |  欧州資格枠組み
欧州高等教育圏資格枠組み  |  エラスムス計画  |  エラスムス・ムンドゥス計画  |  エラスムス・プラス



 内容別で見る


 実施主体別で見る

国際機関/質保証ネットワーク/質保証機関/大学協会

            
            

*各実施主体の概略は各ページをご覧ください
  >>HOME  >>国際連携・調査事業  >>国際的な共同教育プログラムの質保証