本文へジャンプNational Institution for Academic Degrees and University Evaluation NIAD-UE
HOMESITE MAPEnglish Page 大学評価・学位授与機構 WEB SITE
CONTENTS
更新履歴
機構について
評価事業
学位授与事業
国際連携
調査研究
出版物等
情報公開
職員採用
アクセスマップ
シンポジウム・セミナー
情報セキュリティポリシー
お問い合せ先一覧
リンク
ご意見・ご要望はこちらへ
〒 187-8587
東京都小平市学園西町1-29-1

  >>HOME  >>国際連携・調査事業  >>刊行物・調査報告  >>各種調査
ここから本文です
国際連携・調査事業

学生移動(モビリティ)に伴い国内外の高等教育機関に
必要とされる情報提供事業の在り方に関する調査
「国境を越える学生の学修履歴の取扱い」に関する公開研究会

開催趣旨
学生の国境を越えた移動の活発化に伴う外国人留学生数の増加、出身国や学修履歴の多様化により、我が国の受入教育機関にはどのような課題が生じるでしょうか。

大学評価・学位授与機構では、高等教育機関等が外国の学修履歴を有する者からの出願資格・入学審査等を行うにあたり、どのような支援が必要かを探るとともに、求められる情報を一元的に提供する第三者機関へのニーズを測るため、平成25年度より文部科学省の補助事業として、国内外の関係機関を対象に実態調査及び事例調査等を実施してまいりました。

本研究会では、海外で一元的に情報を提供する第三者機関(NIC:ナショナル・インフォメーション・センター)の外国資格評価者を招き、その専門性を体験していただきます。また、国内の大学等における取組事例を各講師よりご紹介いただき、外国学修履歴の出願資格・入学審査にあたり日本の高等教育に必要とされる今後の支援の在り方を議論します。寄せられた様々なご意見は本調査の最終報告に活かしていく予定です。


日時:2015年11月11日(水)11:00-18:10

会場
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンターホール4B

参加:無料(要事前申込み)

定員:70名(先着順)

参加対象
外国での学修履歴を有する出願者の入学(出願)資格審査に
携わる教育機関の教職員 など

海外調査

大学評価・学位授与機構では、日本の高等教育資格に関する情報の海外からのニーズを調査するため、リスボン認証条約加盟国のENIC/NARICセンターに対してアンケート調査を行いました。調査の結果がまとまりましたのでご覧ください。

調査期間
2014年10月24日~11月28日

調査対象
リスボン認証条約加盟各国のENIC-NARICセンター
(ナショナルインフォメーションセンター)57機関

設問と結果
 設問(1061KB )  

 結果の概要(645KB )

 Brief Report(331KB 英語 )

△ページトップへ

論考

国内調査のうち、「海外で修得した単位の認定」の調査結果に関する論考が、ウェブマガジン『留学交流』2015年2月号に掲載されました。下記リンクよりご覧ください。


△ページトップへ

国内調査
目的

近年、学生の国際的な流動化が拡大し、外国からの学生を受け入れる大学が増え、わが国の学生が海外で修学する機会も増えてきています。

こうした中、大学では、外国において学習経験を有する学生の受入れや、学生が海外の教育機関で修得した単位の取扱い等に際して、適切な審査と認定を行うことが求められています。 国際的にも、国境を越えた高等教育へのアクセスを容易にするため、大学等におけるこれらの資格審査、認定手続、基準について、透明性、一貫性、信頼性、公平性等を確保することが重要と認識されています。

このような情勢を踏まえ、大学評価・学位授与機構は、文部科学省と協力して、学生の国際的な移動に伴って必要とされる大学等への今後の支援の在り方を検討するため、全ての大学を対象に実態調査を行いました。 調査は、学部(学士課程)と研究科(大学院課程)のそれぞれにおいて、「外国での学習履歴の審査」および「海外で修得した単位の認定」に携わっている教職員個人の意見を聞きました。

調査結果は、協力いただいた関係者をはじめ、これらの業務に携わる大学の教職員等、皆様の参考となるよう広く公表して、学生の国際的な移動に関して必要な仕組みや支援のあり方を検討していきます。

△ページトップへ

調査概要




依頼文書
 大学宛   学内の教職員宛

アンケートサンプル
I:外国での学習履歴の審査-入学(出願)資格審査

 学部入学時   研究科入学時

アンケートサンプル
II:海外で修得した単位の認定

 学部レベル   研究科レベル

調査期間
2014年2月26日~4月15日

調査対象者
I:大学が実施する入者選抜試験において、外国での学習履歴を
有する出願者の入学(出願)資格審査に携わっている教員と職員
II:海外で修得した単位の認定に携わっている教員と職員

実施主体独立行政法人大学評価・学位授与機構

調査協力者
太田 浩教授(一橋大学)、芦沢 真五教授(東洋大学)、
立石 慎治研究員(国立教育政策研究所)

△ページトップへ

速報

 機構では、外国での学習履歴の審査および海外で修得した単位の認定手続き時に、大学ではどのような確認をし、どのような情報を必要としているかということの実態を把握するため、全国の大学の関係者を対象に、平成26年2月下旬から4月中旬にかけてアンケート調査を実施しました。
 本調査へは大変多くの教職員の皆様にご協力をいただき、誠にありがとうございました。このたび、その調査の回答集計をまとめましたのでご案内いたします。
 本概要は、その調査の回答の集計を速報的にお知らせするもので、今後、さらに詳細な分析を行い、その結果も大学評価・学位授与機構のウェブサイトで公表していくこととしています。
 なお、本調査は文部科学省の補助事業の一環として、機構の研究開発部及び評価事業部国際課が共同で実施したものです。調査にあたっては、一橋大学・太田浩教授、東洋大学・芦沢真五教授、国立教育政策研究所・立石慎治研究員にご協力を賜りました。特に、本調査の設計、実施、ならびに結果の分析に際しては太田浩教授に深くご尽力いただきました。厚く御礼申し上げます。


(1.7MB )

調査の集計報告通知
 大学宛

△ページトップへ

  >>HOME  >>国際連携・調査事業  >>刊行物・調査報告  >>各種調査